読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AutoLoader ver.1.0

なにこれ

コーディング中、HTMLやCSSなどのファイルを変更したとき
自動でブラウザをリロードしてくれるブックマークレットです!
もちろんオフラインでも使うことができます!

対応ブラウザ

Chrome / FireFox(バージョンによる)/ Safari

使い方


f:id:rskull:20130222225251p:plain

1.まずは下のリングをブックマークバーに登録します。
2.クリックすると小ウィンドウが出てくるので、ボックスに監視したいファイルをドロップ!
3.監視ファイルを変更すると、親ウィンドウが自動でリロードされます!
4.監視を辞めたいときは、小ウィンドウを閉じるかリストをクリックすればOKです!

Bookmarklet


↓リンクをドラッグしてブックマークバーに登録!
AutoLoader


まとめ


自動ローディング機能はIDEによってついてる場合もありますが、そんなのないよ!って人に。
とくにデュアルディスプレイだったりすると、すごく楽です。
ブックマークレットのリンクを押すタイミングは、自動でローディングをさせたいindex.htmlなどの
ファイルを開いた状態で押して下さい!
FireFoxだとバージョンによって動かない場合もあります!
IEはFileAPIが対応しないと使えないっぽいです。

即ツイ!ブックマークレット

適当に作ったまま放置してた即ツイ!をリニューアルしてみましたー。

追加機能で、反転選択した範囲を引用してツイートできるようにしましたー!

とりあえず速攻で特設サイト作ってみました!

http://rskull.com/sokutwi

よろしくですっ

今月の最終日を求める

今月の最終日をもとめる簡単なコードです。

JavaScript

function lastday () {
    var now = new Date();
    var y  = now.getFullYear();
    var m = now.getMonth();
    for (i=27;i<=32;i++) {
        var check = new Date(y, m, i);
        if (check.getMonth() != m) {
            return i - 1;
        }
    }
}

document.write('今月の最終日は'+ lastday() +'日です。');

閏年などがあって計算がめんどくさいときはこれだけでOKです。
使えるところがあったら応用してみて下さいっ

学生用イベント支援サービス「Lias」発表会&講演会など

こんいちは!

7月29日(日)
僕が活動してる開発チーム+placeの発表会があるみたいです。

詳しくはこちらです。
http://www.facebook.com/events/238762892908354/

内容をちょっと転機


昨年7月22日開催したIT Lecture for Students。
中高生あわせて50人ほどの人数が集まり、大盛況の中終了しました。

あれから一年。

私達+placeはその間、学生用のイベント開催支援サービス(SNS)、Lias(http://lias.plus-place.org/)の開発に勤しんで参りました。

それが、まもなく完成します。
そこで、7月29日に去年と同じく株式会社ディーツーコミュニケーションズ様のご協力を頂き、Liasの発表会、そしてIT業界のキーマンを招いての講演会を開催致します。またそれだけでなく、講演後には懇親会としまして、学生同士の交流も行います。
当日はLiasを実際に体験、登録していただくことも可能なように準備します。

参加費は無料、動きやすい日曜日開催ですので、ぜひ皆様当日はお誘い合わせの上ご来場下さい。

~会場~
東京都港区東新橋1-9-2汐留住友ビル21階 株式会社ディーツーコミュニケーションズ会議室

参加資格としましては、学生団体の代表やそのメンバー、関係者様は勿論歓迎しますが、それ以外でもこのイベントに興味を持って下さった方ならどなたでも大歓迎です!
中学生・高校生・大学生・社会人関係なく、遠慮なさらずにご気軽にご参加下さい!

だそうです。
僕も開発者として参加いたしますので是非気軽にきてくださーいっ
よかったらその後の懇談会にも参加していただけるとうれしいです(ω//

参加方法はFacebookからか、もしくは
info.plusplace@gmail.com こちらにご連絡下さい!

Twitterで僕に話しかけてもいいですよっ

https://twitter.com/r_skull

では宜しくお願いしまーす

HTML5の独自属性を取得する。

HTML5になってからタグに独自の属性を設定できるようになりました!
厳密に言うとdata属性らしいですが

例えば

<div id="hoge" data-hoge-id="12345"></div>

のようなかんじです。
data- に続いて独自の属性を定義します。

この属性をJavaScriptで取得するとき、普通に取得すると
そんなもんねーよ!って怒られます
なのでこの方法だとダメです。

document.getElementById('hoge').data-hoge-id;
//取得できない(hogeIdでもダメ)

取得するにはいくつか方法があります。
1つはgetAttributeを使う方法と、新しく入ったdatasetを使う方法です。
とりあえず後者だけで

document.getElementById('hoge').dataset.hogeId; //12345

これで取得できます。
ポイントは data- は省略して、CSSを操作するときの様に
ハイフンは省いて次の文字を大文字にします。

最後にjQueryから取得する方法です。
この場合はとくにハイフン省略したりだとかしなくていいっぽいです
ちなみにこれもいくつか方法があるらしいですが一番無難なものを紹介

$('#hoge').attr('data-hoge-id'); //12345

こんなかんじです
何か間違ってる所あったら添削お願いですっ

会話を検出するAPI書いてみた。

公式とかでTwitterで続いた会話が検出されるみたいに
一連をJSONで返すやつ書いてみましたー
多分使わないけど。

実は非公開のAPIがあったりします。

f:id:rskull:20120411005324p:plain

URL欄の最後の数列がこのツイート固有のIDのステータスIDです。
これをstidにセットするだけです。
http://rskull.com/php/api/threader/?stid=168306358813339648
するとこんな情報が返ってきます。

[{"sname":"kai_Linux","name":"kai","id":"283438252","text":"test","stid":"168306261337702400","date":"Sat Feb 11 21:11:54 JST 2012","repid":null},{"sname":"r_skull","name":"R.SkuLL","id":"234781191","text":"@kai_Linux \u3078\u3044\u3086\u30fc\uff01","stid":"168306293201838080","date":"Sat Feb 11 21:12:01 JST 2012","repid":"168306261337702400"},{"sname":"kai_Linux","name":"kai","id":"283438252","text":"@r_skull \u3078\u3044","stid":"168306358813339648","date":"Sat Feb 11 21:12:17 JST 2012","repid":"168306293201838080"}]

まぁ最低限の項目しか含まれてませんが。。
展開すると

Array
(
    [0] => stdClass Object
        (
            [sname] => kai_Linux
            [name] => kai
            [id] => 283438252
            [text] => test
            [stid] => 168306261337702400
            [date] => Sat Feb 11 21:11:54 JST 2012
            [repid] => 
        )

    [1] => stdClass Object
        (
            [sname] => r_skull
            [name] => R.SkuLL
            [id] => 234781191
            [text] => @kai_Linux へいゆー!
            [stid] => 168306293201838080
            [date] => Sat Feb 11 21:12:01 JST 2012
            [repid] => 168306261337702400
        )

    [2] => stdClass Object
        (
            [sname] => kai_Linux
            [name] => kai
            [id] => 283438252
            [text] => @r_skull へい
            [stid] => 168306358813339648
            [date] => Sat Feb 11 21:12:17 JST 2012
            [repid] => 168306293201838080
        )

)

会話の終点から遡るので、会話の始まりから検出はできないです
公式と同じく上から下へと会話が流れて行きます
画像とか動画とか添付されてたときのやつは入ってないです(今は

上からスクリーンネーム、名前、ユーザーID(数字のやつ)、ツイート内容
ステータスID、作成日(日本時間に修正済)、リプライ元ID

なかんじです。

&callback=test
の様にコールバックをつけるとJSONP形式での出力になります。

そのうちGithubにでの上げようかな・・

ルビ振り君(β) version 1.0

ネットで文章を読んでいて、読めない漢字があったらカーソルで反転させて
ブックマークレットをポチって押すだけでルビを出してくれるサービスです。

※URL移転
http:/rskull.com/ruby/bookmarklet.html

http://rskull.com/ruby/home


1、読めない漢字を選択する。
f:id:rskull:20120329011958p:plain

2、ブックマークレットを押すだけ(ルビ振り君のリンク)
f:id:rskull:20120329012047p:plain

ちなみに括弧ベータ板なのでまだバグがあったりします。
表の場合だとまとめて変換がまだできません。

しかし文章の場合だったら一括変換可能です。
f:id:rskull:20120329012250p:plain

    ↓↓↓↓

f:id:rskull:20120329012309p:plain

こんな感じです。

火狐とOperaはルビに対応してないので
ルビではなくカッコででるようになってます。。

f:id:rskull:20120329195404p:plain


現在分かってるバグという名の仕様
・文章しか一括変換できない
・IEだとバージョンによって動かない
・改行、空白とかをはさむとうまく動かない

まぁ普通は漢字単体で変換する場合が多いと思いますので、そんなに問題ないと思います。
そのうち直します。。。

動作確認:Chrome / Safari / Firefox / Opera /(バージョンは見てないです><

※URL移転
http:/rskull.com/ruby/bookmarklet.html

http://rskull.com/ruby/home

とり合えず今後も改良していきたいと思います(ω